メニュー
くりかわ
共働き主婦(フルタイム)
家事から全力で逃げたい。
薄給ながらも「てぬき家事」を工夫し実践。ホットクックが大好き。
“わたしの実体験に基づく”をモットーに、 てぬき情報や「これ買って良かったよ!」を分かりやすく簡潔に発信します。
来ていただき、ありがとうございます!

↓応援「ポチっと」いただけると、励みになります
にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ

↓読者登録はこちら

てぬき家事のすすめ - にほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

湾曲ウルトラワイドモニターは、イラスト描きに適しているか?

ウルトラワイドモニター イラスト

私は普段、テレワーク(WordやExcelメイン)で34型の湾曲ウルトラワイドモニターを使っていますが、趣味でイラストも描きます。

そんな私が「湾曲ウルトラワイドモニター/湾曲モニターでイラストを描くって、実際のところどうなの?」という疑問にスパッとお答えします。


セイコー|SEIKO 掛け時計 【スタンダード】 天然色木地 KX267B [電波自動受信機能有]

もくじ(タップで飛べます)

結論:湾曲モニターでイラストを描くべきじゃない

先に結論ですが、湾曲ウルトラワイドモニター/湾曲モニターはイラスト制作に向いていません

ウルトラワイドモニターを買ったばかりのときは、テンションが上がってイラストソフトを起動してみたものの、使いづらい……。

私は普段、湾曲ウルトラワイドモニターを使用し在宅ワークの事務作業を快適に行っています。

しかし、イラストを描くとなると話は別。必ず平面のノートPC画面か、平面のモニターへ切り替えます。

湾曲ウルトラワイドモニターで絵を描かない理由

私が湾曲ウルトラワイドモニターで絵を描かない理由は大きく分けて2つありますので、順に説明します。

理由① 画面が大きすぎる

34インチの湾曲ウルトラワイドモニターを使用していますが、イラストを描くにはとにかく大きい。

大きすぎる。

実物の写真がこちら↓

ウルトラワイドモニター 全体

私が使っているのは、DELLの湾曲ウルトラワイドモニター「U3421WE」というモデルですが、横幅がなんと、80センチもあります。

こんなに大きな面積では、イラストを描くにはかえって非効率です。

また、大きな画面を疲れずに見るには画面と目との距離をある程度とる必要があります。

15型ノートPCや、27型の平面モニターを使い、近くで見ながら描くことに慣れている私には、遠くて大きい画面は書きづらかったです。

【詳しいサイズ】
幅x高さx奥行き:813.3 x 542.8 x 237.4 mm
重量:11.65㎏

理由② ゆがみが気になる

このサイトの画面イラストや、キャラクター達のような、そこまで精密さが求められないゆるい感じのイラストでさえ、湾曲がやや気になります。

こぐり

このサイトのイラスト達よりもっと精密なイラストを描いたり、製図も行う場合は平面が断然おすすめ。

くりかわ

WordやExcelを使う事務作業や、ネットサーフィンなら湾曲モニターは心地いいんですけどね。

湾曲ウルトラワイドモニターで「クリップスタジオ」を起動してみた

私が愛用しているイラストソフト「クリップスタジオ(CLIP STUDIO)」を、34型の湾曲ウルトラワイドモニターで起動してみました。

このように、広大な画面を完全に持て余しています。

ウルトラワイドモニターでイラストソフトを起動

当ブログのトップページのイラスト制作風景を投影しましたが、横幅80センチは大きすぎます。

くりかわ

両端のツールが遠すぎて、首を左右に動かすので疲れてしまいます。

全画面にイラストソフトを表示するのではなく、「画面の半分にイラストソフトを起動、もう半分には別の資料等を表示」という使い方であれば、まだ使いやすいと思う人もいるかも。

それでも、湾曲に違和感があるので私はそのような使い方はしません。

湾曲モニターが活きるクリエイター活動

クリエイターは、湾曲ウルトラワイドモニター/湾曲モニターをやめておいた方がいいの?」と聞かれれば、「NO」とは言い切れません。

動画編集をする場合は、ウルトラワイドモニターの横長で広大な画面が役立つからです。

\タイムラインがとにかく長く表示できる/

ウルトラワイドモニターで動画ソフトを起動

「湾曲したモニターがそもそも好みじゃない」場合は除いて、私は動画編集ソフトを使うときには全画面表示させ、快適に使っています。

くりかわ

動画編集ソフトを触る場合はイラストソフトと違い、ノートPCの画面じゃ到底足りませんからね。

こぐり

クリエイター活動の内容に合わせてモニターを選ぼう!

湾曲と平面モニターの使い分け

ほぼ毎日、四六時中PCを触っている私ですが、モニターをこのように使い分けています。

湾曲ウルトラワイドモニター
平面モニター
  • 在宅ワーク(WordやExcelメイン)
  • このブログの執筆
  • ネットサーフィン
  • 動画編集
  • 趣味(YOUTUBE見る、等)
  • イラスト

イラストは、平面モニターではなくノートPCの画面を使って描くこともあります。

とにかく、平らで大きすぎない画面が、イラスト制作ではしっくりきます。

使っている、おすすめの曲面ウルトラワイドモニター↓

まとめ:イラスト制作は、平面モニターがおすすめ

普段のテレワーク(事務作業)や、動画編集ソフトを使う場合は「大は小を兼ねる」という言葉がピッタリ当てはまり、34型の湾曲ウルトラワイドモニターの大画面が役立ちます。

しかし、イラストを描く際はそうではありません

また、小さすぎる画面が使いづらいのは言わずもがなですが、大きすぎても視線移動が多いイラスト制作では目や首が疲れてしまいます。

色んな大きさの画面でイラスト制作を試しましたが、個人的な使用感は以下のとおりです。

  • 12型のノートPC画面→小さすぎて、不便。
  • 15型のノートPC画面→イラスト制作にちょうどいい、場合によってはやや窮屈かも?と感じる。
  • 27型のモニター画面→イラスト制作において、これぐらいあれば十分。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

当ブログでは、テレワークOLが作業を快適にするガジェット紹介や、その他、おすすめ家電(ホットクック中心)や美味しいものレビューを行っていますので、よければ読んでみてください。

ボディバッグ

すた

えき

ウルトラワイドモニター イラスト

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

記事をシェアしていただけると嬉しいです!

コメント

コメントする

CAPTCHA


もくじ(タップで飛べます)